読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だーま×ポケモン×何か

君たちとの出会いは全部、ちゃんと覚えてる。

   広告

番外編18 ブログ開始から3カ月。自分のブログに関して考える【商学部卒っぽいことするよ】【カイロス】【1イシツブテ2ポッポ】

はーい だーまです(。・_・。)ノ

どうも皆さんこんばんわ。
このブログも3カ月続きました。
これもひとえに皆様のおかげです。

allpoke.hatenablog.com


せっかく3カ月続いたんだし自分のブログってどんなかなっていうのを考えたいと思います。
しかし、ただ書くだけでは読者の皆様が全く得をしないので、マーケティング用語の解説も同時にしてしまおうと思います。

だーま = 振り返りができてスッキリ。
皆さん = マーケティング用語の勉強になる。

これを目指す。
正に一石二鳥!1イシツブテ2ポッポですね。

f:id:randomqueen6:20151201220254p:plain

SWOT分析
ブルーオーシャン戦略
・セグメンテーション
ランチェスターの法則

これらを使って我がブログを説明していくよ!
それではいってみましょう!




SWOT分析

一言説明:SWOTの4要素から分析して次の一手を見つけるよ

SWOTは、S:強み、W:弱み、O:機会、T:脅威の頭文字をとっています。

f:id:randomqueen6:20151201130944p:plain

S=内部のプラス要因
ポケモンというコンテンツに20年近く携わってきたこと。
友達、後輩に恵まれている。
割と考えるのが好き。
商学部卒。

W=内部のマイナス要因
時間の制約がある。
文章を書くのが苦手。
定期的に○○する、ができない人間。
低スペックのパソコン

O=外部のプラス要因<
ポケモンの新作がやたらスタンバイしている。
自分のブログを面白いと言ってくれる人が結構いる。
思ったよりポケモンをやったことがある人が多い。
行動力のある人を褒める風潮がなんとなくある。

T=外部のマイナス要因
簡単にまねできてしまう。(差別化ができていない。)
151匹以上になるといまいち引きが無いのではないかという不安。
はてなに集客を頼り切っている点。

※ちなみにSWOTという順番で並んでいますが、これは語呂の良さの関係でこうなっているに過ぎず、 OT→SWという順番に分析するのが一般的です。
これが完了したら、クロスさせます。

f:id:randomqueen6:20151201130948p:plain

S(強み)O(機会)を組み合わせるのが多いですね。
例えば過去記事ですが「友達、後輩に恵まれている。」「行動力のある人を褒める風潮がなんとなくある。」を組み合わせたらこんな記事ができました。

allpoke.hatenablog.com

実際はここまで理詰めで考えてやったわけではないんですけどね。
次に書く記事がみつからないブロガーの方、こうやってネタを探してみるのはいかがでしょうか。
ちなみにここまでのSWOT分析の説明で、参考にさせていただいたのは以下のサイトです。

カイロスマーケティング株式会社...ん?(申し訳程度のポケモン要素)

blog.kairosmarketing.net

f:id:randomqueen6:20151201231335j:plain

ブルーオーシャン戦略

一言説明:競合が多い死地=レッドオーシャン、誰もまだやってないところ=ブルーオーシャン

ポケモンのサイトにおいて競合必死のジャンルは二つ。
パーティー構築記事ポケモン図鑑系サイト(データが載ってる)です。
最初は僕もこういう6体を使えば対戦で勝てる!というパーティー構築記事をあげたかったのですが、 最高レート1950程度で世間でいう所の区大会優勝レベルの人なので、ニーズが全くない。

最高レート1950=ヤムチャドラゴンボール)、ヤムチャが悟空の隣で道場開くことを想像するとよろしい。

つまり僕はレッドオーシャンで勝負できるレベルの人間では無いわけですね。
なので、どこか誰も踏んでない場所(ブルーオーシャン)はないかずっと探していました。

その結果今の形式に落ち着いたというわけですね。

▼事例としてはこれが最近見た中では一番わかりやすい

biz-journal.jp





セグメンテーション

一言説明:市場を細分化してみよう!

僕のブログが狙っているメインの顧客層は「ゲームに興味がある方」です。
もっと細かくすると、ポケモンにふれたことがあるゲームに興味がある方」です。
さらに細かくすると、ポケモンから今は離れたところにいるけど、ゲームに興味がある方」です。

ここまで細かくすると、他と差別化できてきますよね。
「ゲームに興味がある方」までだと万単位で有りますが、ここまで分ければオンリーワンになれるのでは無いでしょうか。
僕のブログはまだ、そこまで徹底して「離れたところにいる方向け」ではないですけど、
ポケモン昔ライトに関わってた層をターゲットに据えて今は書いているつもりです。
その証拠にブログを始めた最初のころに比べて「バトル関係項目」の比率がだんだん下がっています。

ブログをやっている年齢層、ポケモンというコンテンツがより衰えていることを考えるとどうしてもこうなっちゃいます。
そして、それは僕がやりたい方向(思い出を語るって方向)と同じなのでホッとしています。

▼レッツノ-トはセグメンテーションにおけるピカチュウみたいなポジション(最メジャーってことね)

liskul.com





ランチェスターの法則

一言説明:勝てるところに資源集中することで勝利を目指す!

僕のブログはコクーントランセルカメールと検索をかけた時に上位表示されることを目指しています。
いつかキーワードを金で買ってみようと思っています。
なぜこんなことをするか・・・なぜならコクーンに関してここまで語ってるブログは無いからです。(タブンネ

allpoke.hatenablog.com


リザードンはバトルでも使われますし、アニメでも大人気です。沢山の方が書いてます。
リザードンと検索した時に僕のブログが1ページ目に来ることは永遠に無いでしょう。

リザードンではなく、競合が少ないコクーンに資源を注いでワンチャンス狙う!
それがランチェスターの法則であり、このブログなのです。

※これは例えでキーワードは買いません(笑)
※僕は全部のポケモン平等に力を注ぐことでこれに近いことをしてるって意味ね。

▼こちら、参考にさせていただきました。ランチェスターって名前がカッコイイよな

www.sengoku.biz





最後に

皆さん、わかりにくい場所があって済みません。
特にセグメンテーションは怪しいです。
ちなみに僕が始める前に考えたのは、ブルーオーシャンランチェスターだけです。

皆さんも日常でSWOT分析などを使ってみてはいかがでしょうか。
特に就活生の皆さんは、企業研究をする時にSWだけでなくOTも踏まえて考察すると他の就活性より抜きんでることができますよ。
allpoke.hatenablog.com
流石に次はニドラン♂をやると思います。
こんな長い文章を読んで下さった方ありがとうございます。
それではまた。




【今までのブログ】

本編

allpoke.hatenablog.com

allpoke.hatenablog.com

自己紹介

allpoke.hatenablog.com

気に入っている番外編

allpoke.hatenablog.com

allpoke.hatenablog.com

allpoke.hatenablog.com