だーま×ポケモン×何か

君たちとの出会いは全部、ちゃんと覚えてる。

   広告

雑記12 土曜日の猫さんとのオフ会で起こったことで打線組んだ【ポケモン大好きおじさん VS 哲学大好きガール】

おーっす! みらいのチャンピオン! だーまです(。・_・。)ノ


さて・・・3/31(木)に土曜日の猫さん(以下猫さんと記載)と池袋で5時間ほどお茶してきました。 オフレポなんてやるつもりは更々なかったんですが、かなり楽しかったので「はてなブロガーもすなるオフレポといふものを、だーまもしてみむとてするなり♡」ということで書いてみることにしました。

待ち合わせ ⇒ スイパラ(2時間)⇒ カラオケ(3時間)って言うコースだったのですが、彼女の自己紹介文「職業:ライトの8番にござる」にちなんでエピソードで打線組みました。

その打線はこちら!

1 中 出会って10秒でプレゼントをもらった話
2 二 スイパラでのドリンク
3 左 相手があんまりわからない哲学とポケモンの話をお互いがした話
4 三 こぶしファクトリー
5 一 武士武士 歌ってる時のアクシデント
6 捕 向井秀徳桃井かおりの物真似が受けて嬉しかった
7 遊 同じ悩みの人に初めて会った話
8 右 いけふくろうで待ち合わせ
9 投 五時間楽しかったって話

まぁ、これだけではわからないと思うので、解説を入れていきます。

それではどうぞぉ~。

アイキャッチの画像は僕らが愛してやまないZazen Boysのフロントマンこと向井秀徳さんです。

f:id:randomqueen6:20160402140645j:plain



 土曜日の猫さんを知らない方のために


土曜日の猫さんのプロフィール - はてな

純粋ハゲ批判 (Kritik der reinen Kahlheit) - 猫の現象学

「女」が竹下通りのスカウトにホイホイついていった話 - 猫の現象学



 1 中 出会って10秒でプレゼントをもらった話


ハブアタック10本セット


これを一本、ハイどうぞって待ちあわせ場所でわたされました・・・
こんなん絶対笑うでしょ。待ちあわせ時間に遅れるお詫びに、ってことらしいです。

アマゾンではなく、沖縄物産展で買ったらしい。
僕は当然の質問をした。「何で買ったの?」と。

すると猫さんに「あったら買っちゃいますよ・・・」といわれた。
僕は納得した。僕もそっち派だった。

これ、画像だと隠れているけど、元気の源って赤字で書いてあるんですよね。(困惑)
ちなみに味は美味しかった。

完全に先制ネコパンチを打たれた。
パンチ力があって、しかもあっさり。トップバッターにふさわしいエピソードでした。

※猫さんのご指摘で一部加筆。



 2 二 スイパラで○○を飲む二人


オフ会の予定など考える暇などなかった私だーま。
2人のうち1人でも楽しめれば過半数が楽しんだといえるので、その会は成功といえるのでは?と考え、自分のやりたかったことを押し付けることにしました。
僕のスイパラにいってみたいという夢を叶えるべく、猫さんに打診。無事快諾をいただき、券売機の前に来た僕たち、そこで気づきます。


ビール(金麦)が売ってる!


僕が2人分の入場チケットを購入。様子を見ていると「んじゃ~私が金麦買うか」といわんばかりに猫さんが金麦を2人分購入。
3/31(木)、春休みをエンジョイしている高校生やスイーツwwwの中に金麦片手に「ノスケさん最近見ないね・・・」とか言ってる社会人が2人。
今考えると結構おかしい。しかし、金麦の様に後味がすっきりしたエピソードなので2番に置きました。

金麦が自然に鎮座している券売機や猫さんにお酌をしていただいているときの写真がないのが心残りであるが、楽しい時と言うのはそういうものだと僕は解釈している。



 3 左 相手があんまりわからない哲学とポケモンの話をお互いがした話


僕は結構、相手が好きなものについて語るのを聞くのが好きなんですよね。
だから、今回のオフ会では猫さんがどういう哲学の分野を勉強していたかを聞きたかった。

大学受験のために倫理の授業を履修していた程度の知識の僕に対して、わかるように話を組み立てて話してくれたのが本当に印象的でした。頭がいい人、一緒にいて楽しい人はこれができるんですよね。
少し、彼女が好きな分野について触れられた気がしてうれしかったですね。

僕がポケモンについて語るターンではそれができてたかな?と少し今になって思います。

一番やりたかったことが最高の形で達成されたので大満足でした。よってこのエピソードが3番バッターです。



 4 三 こぶしファクトリー


これはカラオケ中の話なんだけど、僕たちは歌ったり歌わずに喋ったり、ヤードビールを注文して溢しながら注いだりしていました。
joysoundで歌っていたんですが、歌ってないときには画面にjoysoundがお勧めするアーティストの映像が延々と流れているんですよね。
その中でハロプロの番が来て、順々に10秒ずつ紹介されているときに事件は起きました。

モーニング娘・・・℃-ute・・・アンジュルム・・・カントリー・ガールズ・・・Juice=Juice・・・こぶしファクトリー・・・ん?


こぶしファクトリー!?


こぶしファクトリーってなんなの!?


となって二人で大盛り上がりしてしまいました。

ハロプロの研究生がつんく♂さんに呼ばれて「お前らは明日からこぶしファクトリーだ!」って言われてたら面白くない?とか、

研究生の親は子供が「私・・・こぶしファクトリーになった・・・」と言って泣き出したらなんて言葉をかけてあげればいいんだろう・・・とかあることないことを考えていました。

PVの鑑賞を二人でしたのですが、結構かっこいい曲を歌っていて、僕たちはこぶしの虜になってしまいました。



こぶしファクトリー『チョット愚直に!猪突猛進』(Magnolia Factory [Foolishly Honest! Impulsive Actions!]) (Promotion Edit)


↑マジでかっこいい。ダンスもキレッキレ。ハロプロオタの女友達が言ってたけど、やっぱり下地が違うっていうのが伝わってきますよね。スペシュウム光線⇒スリラーの振り付けも最高。


www.youtube.com


↑この最初のこぶしファクトリーです♪っていう挨拶が最高で、二人でずっと真似してました。覚えやすいしね。こぶしを突き出して、グッと立てる。なんか元気が出てくるこのポーズ。先端恐怖症の私にも優しいポーズ。つらいときにあなたもやってみてはいかがでしょうか。

僕と猫さん以外の人が、このエピソードを聞いてどれだけ楽しめるかはわかりませんが、今回のオフのMVPなのは間違いない。ぶっちぎりに盛り上がった。まさに4番サード、国民栄誉賞レベル。

※ユニット名の由来は、「春の訪れを告げるように、他の木々にさきがけて白い花を梢いっぱいに咲かせる日本原産の花、「コブシ(辛夷)」のように「優美」でありながら、コブシという名前の由来でもある(にぎりこぶし)に象徴される「力強さ」を兼ね備えたグループになってほしい」とされているらしいですね。インパクトの面でも、込められた意味と言う観点で見てもいい名前ではないでしょうか?もちろんそのときには握りこぶし以外の意味をを知らないで社会人二人は盛り上がっています。



 5 一 武士武士歌ってる時のアクシデント


タイトルでぜんぜんわからないでしょう。しかし実際僕らは武士武士歌っていたんです。


www.youtube.com


僕は初見だったんですけど、猫さんに合わせてデュエットしてました。

2番のサビで突然ガチャというドアが開く音ともに店員さんが入室!

ぶーし!ぶーし!とお構いなしのだーまと猫さん。俺たちだって、このフレーズを歌うためにこの歌を歌っているので、後には引けない。雨が降っても槍が降ってもこの世が滅んでも歌うのだ。

ぶーし!ぶーし!の部分だけを聞いて部屋を間違えたことに気づき退出する店員さん。

サビを歌い終わりシチュエーションの面白さに気づき爆笑するだーまと猫さん。

結構まじめな曲ばっかり歌ってたんですけど、一番ふざけた曲のふざけたタイミングに入ってきてしまった店員さんに同情する。

ぶーし!ぶーし!で検索して彼はこの曲にたどり着けたんだろうか・・・そもそも、気にもしてないのか・・・ぜひとも知りたいところだが、店員さんは「二度と会いたくなぁぁぁい」と思っているでしょうね。



 6 捕 向井と桃井かおりの物真似が受けて嬉しかった


もともと Zazen Boys を知ってる人とカラオケをしたいと言うことで誘ったカラオケ。



【ZAZEN BOYS】You make me feel so bad LIVE


一生披露することがないと思っていた向井秀徳のモノマネを披露するだーま。そこそこ笑っていただけた。

声高いね。よくZazen Boysの音域出るね。と猫さんに褒められてうれしくなってなぜか桃井かおりのモノマネをした。

・・・それだけ。正直なんで桃井かおりを選んだかわからん。たぶん猫さんが椎名林檎が好きっていうところから連想ゲームが始まってたどり着いたんだと思う。

豚をおだてられたら木に登るが、だーまをおだてたら桃井かおりのモノマネをするようですね。



 7 遊 同じ悩みの人に初めて会った話


リア友の皆さんは特にご存知だと思うが、僕はよく話飛ぶとか、脈絡なくて内容のない話するねって言われる。

ただ、いつも自分の中ではつながっているのだ。向こうに理解されてないだけで。

・・・と言うようなことを僕は常に思っているのだが、猫さんもそんなことを言っていて、軽く驚いた。同じこと考えてる人いるよなぁって。

時々言わなくても『今話してることはさっきの話のこの部分を切り取って話してるんだな』って、自然に気づいてくれる人がいる。

それを波長が合う人なんだろうね。こういうのって付き合いの長さでカバーしきれない部分だと思う。



 8 右 いけふくろうで待ち合わせ


池袋で待ち合わせだとまず決めた。その後問題になるのが待ちあわせ場所だ。これはかなり重要。なぜなら僕たちは初対面、お互いの容姿をまったく知らないのだ。

池袋で待ちあわせと言ったらどこか・・・会社の後輩に聞くと0.2秒で「いけふくろうでは?」と返ってきた。脊髄反射で答えられるレベルの質問だったらしい。

渋谷で言うハチ公、札幌で言う時計台、名古屋で言うナナちゃんなんだろうね。

ただ、このいけふくろう変な場所になるのである。駅のはじっこ、しかも案内の標識がない。

「だーまさん、いけふくろうまで迷うかもしれないので10分程バッファをみていただけると尚幸いです。」

と言うメールが猫さんから届き、

「僕もそんな感じです(迷子)」

というメールを焦って送り返すという羽目に。

13時10分、僕たちはいけふくろうの待ち合わせを果たし、僕は謝罪もそこそこにハブドリンクを渡されるのであった。



 9 投 五時間楽しかったって話


いかがでしたでしょうか。

これ五時間くらいで起きた話とは思えないですよね。

なんというか密度が濃かった。っていうか、ブログのことあんまり話してないですね。猫さんのブログが月間どれくらいのPVかも知りません。

しかしながら、実はこれで半分なんですよね。

僕や彼女の容姿や身バレにつながるエピソードを除いてこの打線です。

本当は、AチームとBチームで紅白戦ができるくらいの楽しさでした。

終始猫さんに圧倒されっぱしでしたね。それもそのはず。

僕のアイコンはピカチュウ、ねずみポケモン。土曜日の猫にねずみが勝てるわけがないのであった。(完)



最後に


僕のブログ史上、最長編になってしまいました。このレベルのオフレポはもう書かないんじゃないでしょうか・・・わからんけど。

僕と猫さんが参加しているイベント「ロゴスエモアワード」皆さんも参加されてはいかがでしょうか。

lechatdusamedi.hatenablog.com

allpoke.hatenablog.com

それではまた。



【今までのブログ】

本編

allpoke.hatenablog.com

allpoke.hatenablog.com

自己紹介

allpoke.hatenablog.com

allpoke.hatenablog.com